下平さんから被爆体験のお話
 「平和の集い」~1stステージ

下平さんから被爆体験のお話 「平和の集い」~1stステージ

8月9日(木)、長崎に原爆が投下されて73年目の今日。小学校1年生から4年生までの子どもたちは、下平作江さんにご来校いただき、被爆体験のお話を聞きました。平和の集い1st 2018 下平さんの被爆のお話

平和の集い1st 2018 下平さんの被爆のお話 平和の集い1st 2018 下平さんの被爆のお話

下平さんは10歳の時に被爆されました。原爆投下は一瞬にしてすべてを奪い、平和を奪っていきました。「戦争では人間が人間に何をしたのか。」「生き残った私たちは、今までどんな思いで生きてきたのか。」平和の集い1st 2018 下平さんの被爆のお話「私たちの使命は、被爆者の思いを語り継いでいくこと」、そして、「平和のために自分ができることは何かを考え、実行していくこと」。これらの大切さを、下平さんは子どもたちに一生懸命伝えてくださいました。 平和の集い1st 2018 下平さんの被爆のお話 お話を真剣に聞いていた子どもたちも、それぞれの思いを発表しました。平和の集い1st 2018 下平さんの被爆のお話「戦争のおそろしさがよくわかった。」「私たちもみんなと仲良く手を取り合って、平和な世界にしていきたい。」「戦争は絶対にしてはいけない。」・・・。平和の集い1st 2018 下平さんの被爆のお話

「どんなに苦しいことや悲しいことがあっても、みんなで支え合い、仲良く手を取り合って生きていってほしい。」下平さんからの強い願いも、私たちの心に深く刻まれました。平和の集い1st 2018 下平さんの被爆のお話

最後に、みんなで「語り合おう」という歌を子どもたちが合唱。これからも原爆や戦争の事実を学び、みんなと心を合わせ、被爆者の方々のために祈り、「人の命を尊ぶ心と平和への願い」を新たにすることを心に誓う一日となりました。平和の集い1st 2018 下平さんの被爆のお話

炎暑の中、子どもたちのためにご来校下さいました下平さん、心よりありがとうございました。

332 PV