書き損じハガキで教育支援
 ~中学校ボランティア委員会

書き損じハガキで教育支援 ~中学校ボランティア委員会

中学校ボランティア委員会では、毎年1月、年賀ハガキなどで、書き損じて郵送できなかったハガキを収集しています。この校内活動は、公益財団法人 民際センター(1987年設立)の活動に参加しているものです。書き損じハガキが400枚あれば、ラオスやカンボジア、ミャンマー、ベトナムなどの中学生一人分の1年間の教育費を援助することができます。未使用のハガキを郵便局で1枚5円の手数料で切手に交換。更にその切手を協力企業が換金率80%で購入して下さり現金化するという仕組みのようです。

書き損じボランティア2017

今年も保護者の皆様のご協力のお蔭で、510枚もの書き損じハガキが集まり、奨学金の支援が可能になりました。タイの中学生の男の子が一人、1年間学校に通うことができるようになり、私たちの身近な協力が、また大きな喜びにかわりました。

書き損じボランティア2017

温かいご協力をありがとうございました。

尚、ボランティア委員会では、昨年9月のメキシコ大地震で大きな被害を受けた本校の姉妹校のために、校内募金で集まった3703円を、校内年賀ハガキ収益金の一部と共にメキシコに送りました。
これからも、全校みんなで力を合わせ、小さな協力を積み重ねていきましょう。

328 PV